ライフスタイルに合わせて重視する点は異なります。

持ち家を持つなら、早い方が良いということを実感しています。
ちょうど働き盛り、子どもができたらお金がかかるころにローンが終わると、経済的にかなり楽です。
そして、子どもを育てるなら、可能なら母親側の実家の近くがよいと思います。
続きを読む

出来れば次は、購入したいです。

家賃が安いところはやはり、都心に近くなかったり、駅から離れていたり、不便だから安いんだなと感じます。
だから安くしないと、入居者がいないので、家賃を下げているのに納得。
安くていい所なんて今まで出会ったことがありません。
駅が近くて都心で、安いところ、というと、かなりのオンボロアパートになってしまいます。
続きを読む

生活水準は落としたくない

以前住んでいたところの家賃が45000円で、今住んでいるところが63000円なので、少し金銭的に余裕がなくなりました。
でも、いい環境になりましたので、二度と以前のような住居には戻ることはありません。
少しでも安いところがいいと思い、住んでいましたが、いつの時代かわからないようなボロボロのアパートでした。
偉そうにマンションという名前でしたが。
続きを読む

給料の家賃に対する割合

一般的に、収入の1/3程度の家賃の所に住むのがベストと言われているが、実際の所はなかなか難しいと思う。
家賃以外の決まった支出の額にもよるだろうし、急な出費なども勿論あるので、思う様に貯蓄できないのが現状の問題点だ。
北海道の場合は本州に比べて比較的家賃は低めに設定しているので、その点では有り難い。
続きを読む