計画的な利用

私はお金に困ったときや、給料日前になってお財布がさみしくなって不安になると、よく金融機関に融資してもらっています。急な出費がかさんでくるといざという時に本当に困ってしまうので、キャッシングができるということは心強くて日々の暮らしの味方に思っています。

私の時は簡単に審査が簡単、スピーディに通ったのでなにも問題が無かったのですが、友人は審査が通らず苦労したと言っていました。審査が通らなかった理由は他社からの借り入れが4件以上もあったらしく、大手の金融会社や銀行などのローンが通らなかったということらしいです。

他社からの借り入れの総額が多くなってきたり、借りる金融会社の数が増えると、審査が厳しくなって借りられなくなったりするそうです。

結局、審査の甘い消費者金融からキャッシングを受けることができたそうなのですが、私自身は借り入れを増やしてこういった事態にならないように、計画的にキャッシングを利用したいと思っています。

会社の付き合いや娯楽で消えてしまうお金は、時折仕方のない出費だと思うのですが、借り入れが増えすぎて困った事態を招いてしまっては大変です。
お金の計画的な利用は本当に大事だなと思いました。

見極めが大事

私は浪費家で、働いているのにも関わらず飲み代や付き合いのお金が足りず、給料日前になるといつも苦しい思いをしています。

それを知ってか、友人や家族は食事をおごってくれたり、なにかと気を遣ってくれる場面も多いのですが、それでもなかなか生活は楽になりません。

そんなわけでお金にどうしても困っているときは、金融会社にキャッシングをして何とかしのいでいます。
大手会社や銀行でもいいのですが、私は金融会社を4社以上利用することもあるので、新たに利用をするときは、審査の甘い金融会社を探してキャッシングをすることにしています。

大手の金融会社や銀行ですと、審査が厳しく借り入れ状況によると、融資額が突然ゼロになって月々の返済のみになり、キャッシングができなくなってしまったりと困った状況になるかもしれないからです。

審査の甘い消費者金融を探すのは大変で一苦労なのですが、金利が安いからといって借りられなくなってしまうのは困るので、私は金融会社を上手に選んでキャッシングを受けるようにしています。

あまり高すぎる金利のところからキャッシングを受けるのは怖いと思ってしまいますが、そこはしっかりと見極めて不安なく利用できるようにしています。

うまく費用を節約するには

新婚旅行の行き先としてハワイはやっぱり人気ですね。でも、豪華にしようとすると費用も気にかかります。ハワイは普通のお休みの時の海外旅行先としても人気ですから、すでに何回も行ったことがあるという人も多いところでもあります。それだけに余計に「せっかくの新婚旅行だから。」とちょっと以前とは違った雰囲気で楽しみたいということもあるでしょう。

でも気をつけないとホテルを豪華にしたり、飛行機の座席をグレードアップしたりしていると、現地で遊ぶ資金が不足してしまったりしますね。

新婚旅行でも他の旅行でも費用は旅行会社を通して予約する場合と個人で予約する場合では若干差がでてきます。旅行会社に頼めば自分の希望を伝えることだけしっかりとすれば、後は全部やってくれますから楽です。

現地でのアクティビティなども旅行会社を通じて予約したりすれば、言葉の心配がある場合でも安心ですね。

個人で手配する場合は、インターネットなどを利用することで予算を抑えることができます。航空会社もこだわりがなければ外資系のエアラインなどを利用することを考えてもいいと思います。日本に就航しているエアラインには日本人乗務員か日本語を話すスタッフが乗務していることがほとんどですから、英会話は苦手という場合でもそれほどトラブルは無いと思います。

ホテルの予約もホームページから簡単にすることができます。ただし、現地についてから「予約が入っていない。」などと言われるケースもありますから、予約した画面とか番号などはコピーをとっておいて持参し、いざとなったら見せながら交渉する覚悟も必要です。

せっかくの新婚旅行ですから、2人で予算を上手に組んで目一杯楽しめるものにしたいですね。

債務整理のメリットデメリット、債務整理をした後に借入はできるのか

借金を解決する方法の一つに、債務整理という手段があります。
借りたお金を滞りなく返していくのが最善の方法なのですが、返済の見通しが立たず、困難になってしまった場合この債務整理という方法をとることができます。

債務整理にはいくつか種類があり、今現在の借金の状況によって金利だけを免除してもらったり、借金を減額してもらったり、すべての借金の返済を止めることができたりと様々あります。

返済が大幅に楽になるというメリットがありますが、信用情報に傷がつくなどといったデメリットも存在します。

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録され、新たな借り入れができなくなります。
いわゆる、ブラックリストに載るということです。

債務整理をしてブラックリストに載ると、ほとんどの金融会社の審査は通らなくなります。

しかしこのブラックリストは、ある程度の期間が過ぎると消えます。
この情報が消えると、また新たに借入はできるようになります。

中にはブラックリストに載っていても貸してくれる金融会社もあります。
中小の消費者金融に多く存在するようです。

債務整理をすると、場合によって財産を手放す必要があり、返済は免れてもお金のやりくりに困ることがあります。
そんな時は、中小の消費者金融を利用するという手段があるということを覚えておくといいかも知れません。

消費者金融 お金を借りる

お金を借りるのは簡単だけど返すのは大変

最近になって、生まれて初めて借金をしてしまいました。
知人の結婚ラッシュが続き、結婚祝いの出費が重なったためです。
それでもギリギリ生活できる予定だったのですが、奨学金の返済を失念しており、仕方がなくお金を借りることになりました。
続きを読む