良く考えずに決めてしまって後悔

私が産まれてすぐに住んだ家賃3万のところは大家さんの家の陰になって日当たりが全くないところでした。
家賃の集金も夜中の1時に訪問に来たりと、かなり非常識で大変困ったのを覚えています。
大家はもちろん合い鍵をもっていますから、帰宅するとテーブルの上に野菜が置いてあったり、家具が動いていたり。

でも経済的にもすぐには引っ越せる状況ではなかったのですごく我慢して、毎日苦痛でした。
しびれを切らした私は、敷金礼金なしの家に越しました。
ここでもっといろんな物件を見て、見極めをしなければいけなかったのでしょう。
1件目で紹介された場所にすぐに引っ越してしまったのです。
そこは築20年の木造アパートの3階です。2階に住む人が近所でも有名なクレーマーで、今思えば仲介した不動産屋さんも早くそこを埋めたかったのではないかと思います。
近所のことなど調べてから引っ越した方が賢いと思います。
物音を少しでも出すと下から床を突っついてきます。帰宅の際は階段を上ると「死ね死ね死ね」と叫んでいます。
あと1年くらい先に引っ越す予定があるので、次こそは失敗せずに家選びをしたいと考えています。

コメント

コメントする