昼間の印象だけで決めてしまいました。

今住んでいるところは周りが住宅地で、一軒家が多く、昼間の雰囲気が良かったので決めました。
近くに小学校や幼稚園もあるし、駅前の小さな商店街みたいな雰囲気があまり都会っぽくなくて落ち着くなと思いました。

スーパーやコンビニもあるので良いと思っていたのですが、それは昼間の話…。

学生や社会人という20代の世代にはあまり意味がありませんでした…。

と言うのも、基本的に学校や仕事で昼間は家の近所にはいない!
そして商店街などの昔ながらの町なので、コンビニ以外はだいたい21時までの営業です。

夜になると21時以降は人通りが少なく、終電間近で帰宅した時には、最寄り駅から家までの10分くらいの道のりが暗くて人の気配がなくて、とても怖いのです。
盲点でした…。
いや、今となっては引越しする上では昼と夜の違いを確認することなど必須項目なんですが…当時はそこに気が回らなかったんです。

実際に痴漢などの事件もあるようで、深夜には警察がパトロールしていたりします。
私自身、何度か後をつけられたことがあって、さすがに引越しを考えています。

ただ、大家さんがすごく親切な方なのでなかなか引越しに踏み切ることが出来ずにいます。
大雪の時も、住人は何もしない間に雪かきがきちんとされていたり…。
本当にありがたいけれど、そろそろ引越しを真剣に考えなくてはならないかもしれません。
春先になって、また不審な人が現れはじめたので。
この時期になるとやはり引越しを考えてしまいます。

コメント

コメントする