双子は想像以上に家計にダメージを与えます。

結婚して2LDKに住み始めましたが、当時は共働きで収入もあったので金銭面的に余裕があったのですが、すぐに子供が授かり退職することになり余裕がなくなってしまいました。
しかも双子だったので、金銭も部屋面積もダブルで圧迫…。
人生何があるかわからない、月々かかる家賃は余裕を持った選択をと決意しました。

その後、夫の転職にともなって、同じくらいの間取り、同じくらいの家賃のアパートに引っ越しました。
子供がいる以上、間取りを狭くするわけにもいかず、満足のいく物件に入った結果、家賃節約のチャンスでしたが、叶いませんでした。
「新築の物件にすめる!」というハイテンションにより、誓った決意はどこへやら。
ですが、夫の給料が特別上がったわけでもなかったのに、金銭面的に少し余裕が!というのも、光熱費の大幅ダウンに成功!以前の物件はプロパンガスでしたが、今の物件は都市ガスになり、約4割ダウン。
寒冷地のこともあり、燃料費が低いのは助かる!
月々の出費を考えるとき、家賃と光熱費は必ずかかってくるもの。
新たに物件を決めるときには、光熱費も配慮しながら選ぶと、同じ生活費でもいい物件に住めることも、同じ家賃でも安く生活することもできるんだと学びました。

コメント

コメントする