債務整理のメリットデメリット、債務整理をした後に借入はできるのか

借金を解決する方法の一つに、債務整理という手段があります。
借りたお金を滞りなく返していくのが最善の方法なのですが、返済の見通しが立たず、困難になってしまった場合この債務整理という方法をとることができます。

債務整理にはいくつか種類があり、今現在の借金の状況によって金利だけを免除してもらったり、借金を減額してもらったり、すべての借金の返済を止めることができたりと様々あります。

返済が大幅に楽になるというメリットがありますが、信用情報に傷がつくなどといったデメリットも存在します。

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録され、新たな借り入れができなくなります。
いわゆる、ブラックリストに載るということです。

債務整理をしてブラックリストに載ると、ほとんどの金融会社の審査は通らなくなります。

しかしこのブラックリストは、ある程度の期間が過ぎると消えます。
この情報が消えると、また新たに借入はできるようになります。

中にはブラックリストに載っていても貸してくれる金融会社もあります。
中小の消費者金融に多く存在するようです。

債務整理をすると、場合によって財産を手放す必要があり、返済は免れてもお金のやりくりに困ることがあります。
そんな時は、中小の消費者金融を利用するという手段があるということを覚えておくといいかも知れません。

消費者金融 お金を借りる

コメント

コメントする