住宅手当分だけ高いところに住めました。

結婚してから現在のところに住み始めたが、主人の会社は住宅手当が出るので、多少家賃が高くても広めの物件を探した。
その中で、貯金もなく、家具家電の買い揃えなどの出費もあったので、初期費用が割安なところにした。
住宅手当が出ているとはいえ、給料が増えたり、勤続年数が長くなると、手当金額が減り、いずれはなくなるので、狭くなっても安い物件や、家の購入も検討しなければならないと思う。

家賃が安いからと、古い物件に住んでいた友人がいたが、湿気が酷く、風呂に湯を張ったら掃除していても虫が浮いていたと話を聞いてからは、家賃の安さだけを求めるのも、考え物だと感じた。
賃貸住宅についてまわるのが、初期費用。
礼金は返って来ないと言われるが、居住期間が著しく短いときは、返還してもらえる場合があるので、相談してみると良いそう。
敷金も、退去時の出費に備え、多めに入れておくことも可能だと言われたので、利用させてもらった。
退去後、壁紙は全て貼り替え、ハウスクリーニングを必ず行い、それは負担しなければならないとのことだったからだ。

コメント

コメントする