うまく費用を節約するには

新婚旅行の行き先としてハワイはやっぱり人気ですね。でも、豪華にしようとすると費用も気にかかります。ハワイは普通のお休みの時の海外旅行先としても人気ですから、すでに何回も行ったことがあるという人も多いところでもあります。それだけに余計に「せっかくの新婚旅行だから。」とちょっと以前とは違った雰囲気で楽しみたいということもあるでしょう。

でも気をつけないとホテルを豪華にしたり、飛行機の座席をグレードアップしたりしていると、現地で遊ぶ資金が不足してしまったりしますね。

新婚旅行でも他の旅行でも費用は旅行会社を通して予約する場合と個人で予約する場合では若干差がでてきます。旅行会社に頼めば自分の希望を伝えることだけしっかりとすれば、後は全部やってくれますから楽です。

現地でのアクティビティなども旅行会社を通じて予約したりすれば、言葉の心配がある場合でも安心ですね。

個人で手配する場合は、インターネットなどを利用することで予算を抑えることができます。航空会社もこだわりがなければ外資系のエアラインなどを利用することを考えてもいいと思います。日本に就航しているエアラインには日本人乗務員か日本語を話すスタッフが乗務していることがほとんどですから、英会話は苦手という場合でもそれほどトラブルは無いと思います。

ホテルの予約もホームページから簡単にすることができます。ただし、現地についてから「予約が入っていない。」などと言われるケースもありますから、予約した画面とか番号などはコピーをとっておいて持参し、いざとなったら見せながら交渉する覚悟も必要です。

せっかくの新婚旅行ですから、2人で予算を上手に組んで目一杯楽しめるものにしたいですね。

債務整理のメリットデメリット、債務整理をした後に借入はできるのか

借金を解決する方法の一つに、債務整理という手段があります。
借りたお金を滞りなく返していくのが最善の方法なのですが、返済の見通しが立たず、困難になってしまった場合この債務整理という方法をとることができます。

債務整理にはいくつか種類があり、今現在の借金の状況によって金利だけを免除してもらったり、借金を減額してもらったり、すべての借金の返済を止めることができたりと様々あります。

返済が大幅に楽になるというメリットがありますが、信用情報に傷がつくなどといったデメリットも存在します。

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録され、新たな借り入れができなくなります。
いわゆる、ブラックリストに載るということです。

債務整理をしてブラックリストに載ると、ほとんどの金融会社の審査は通らなくなります。

しかしこのブラックリストは、ある程度の期間が過ぎると消えます。
この情報が消えると、また新たに借入はできるようになります。

中にはブラックリストに載っていても貸してくれる金融会社もあります。
中小の消費者金融に多く存在するようです。

債務整理をすると、場合によって財産を手放す必要があり、返済は免れてもお金のやりくりに困ることがあります。
そんな時は、中小の消費者金融を利用するという手段があるということを覚えておくといいかも知れません。

消費者金融 お金を借りる

カードローンを使ってみた。

学生のうち、特に親元を離れて暮らす大学生にはお金は絶対に必要なものです。
決して贅沢をしているわけではないのに、参考書や材料費、サークル内のコンパにもお金がかかります。
食事の誘いも、3回に1回くらいしか受けていないのに、気がついたらお財布が軽くなっている、なんて事を経験している大学生も多くいると思います。

そういう時、どうしますか?
両親に援助を申し出る?
友人に貸してもらう?

そんな事ができれば、こんなに悩んだりしませんよね?
だったら、学生用カードローンはどうでしょうか。
カードローン=借金、危ない、怖い、地獄。
そんな印象を持つ人も少なくありませんよね。
また、学生だから借りれない、と思っている人もいるのではないでしょうか。

学生でも借りれます。
■20歳以上であること。
■アルバイトでもいいので、定期的な収入があること
私は上記の項目を満たしていたので、学生証を提示してお金を借りることができました。

学生向けローンの特徴は、金利設定が低めなんです。返済期間も短めなので、無理な借り入れができないようになっています。
きちんと配慮されたところでの学生向けカードローンは比較的安全です。

借りないにこした事はありませんが、冒頭の話のように、学生だって大変なんです。
私は、きちんと計画をたてて、きっちり返す事ができました。
ちゃんと考えて借りたいですね。

お金を借りるのは簡単だけど返すのは大変

最近になって、生まれて初めて借金をしてしまいました。
知人の結婚ラッシュが続き、結婚祝いの出費が重なったためです。
それでもギリギリ生活できる予定だったのですが、奨学金の返済を失念しており、仕方がなくお金を借りることになりました。
続きを読む

家族4人、1LDKに住んでいます。

私は初めて借りたアパートに今も住んでいます。
1LDKの部屋に最初は1人で住んでいたのですが、今は結婚し夫と子供2人との家族4人暮らしです。
働き始めた年に部屋を借りることを決めたのですが、給料も低かったので大家さんに頼み込んで値切り、元の家賃より7千円安くしてもらいました。
部屋も私が住む3年前にリフォームしたばかりで綺麗な上に、駐車料金込みという好条件でした。
続きを読む

妹と住んでいますが、家に帰れません。

以前は学生ということもあり、家賃は両親が払ってくれており、月々の家賃を気にしたことはありませんでした。
しかし卒業し、引越しもしました。
現在妹と2人暮らしで、念願のバストイレ別脱衣所付き2DK+駅まで約15分、スーパーなども近くにあるという、家賃折半にするととても割のいい物件に住んでいます。
なのですが、暮らし始めると、もともと性格があわない妹と次第にけんかが増え・・・家に帰りたくないというストレスが溜まっていきました。
続きを読む

双子は想像以上に家計にダメージを与えます。

結婚して2LDKに住み始めましたが、当時は共働きで収入もあったので金銭面的に余裕があったのですが、すぐに子供が授かり退職することになり余裕がなくなってしまいました。
しかも双子だったので、金銭も部屋面積もダブルで圧迫…。
人生何があるかわからない、月々かかる家賃は余裕を持った選択をと決意しました。
続きを読む

地元と家賃相場が違ってビックリしました。

結婚して実家を出たのですが、家族が増えて上の子が幼稚園に通うようになったら駐車場と合わせて9万は正直辛くなってきました。
夫の会社の側で物件を探したのですが、自分の地元の家賃相場との違いに驚いたのを覚えています。
ただ、現在の立地には何の不満もないのが救いです。
続きを読む

ロフトって意外となくても良いかなと。

物件はとても良く家賃に見合っているとは思うのですが少し壁が薄いのとオートロックがついていないがすこし気になるところです。
ロフトに憧れてこの物件を選んだのですが、まぁなくても良かったような気はします。
しかし、今のこの物件は通っている大学から徒歩5分という好立地なのでこの値段にも納得できます。
続きを読む

ライフスタイルに合わせて重視する点は異なります。

持ち家を持つなら、早い方が良いということを実感しています。
ちょうど働き盛り、子どもができたらお金がかかるころにローンが終わると、経済的にかなり楽です。
そして、子どもを育てるなら、可能なら母親側の実家の近くがよいと思います。
続きを読む

次のページ →